2019-06-17
Breaking News

準備をしてから転職をしましょう

転職する理由は人によって様々な理由がありますが、仕事を辞めてからの就活はまず不利になります。書類を出し折角面接にこぎつけても、面接官になぜ、仕事を辞めたのかをまず聞かれます。その時に仕事が合わないからとか、人間関係が嫌だからとか言ったらまず落とされるでしょう。何故なら会社は基本協調や勤勉さを求めるからです。

上記のような理由では例え入社させても、同じ様な理由でまた辞められたら会社としてはたまりません。ですからその様なネガティブな意識を相手側に持たせないために、ここはどんな理由があっても次の会社が決まるまで頑張って会社に残りましょう。

まず会社を辞めるとを決めたら、自分のキャリアに見合い、尚且つ経験の活かせる仕事を選択しましょう。転職する年齢にもよりますが、冒険はせず確実に同じ職種にした方が安全です。後は有給休暇をフルに使い、めぼしい企業に就活に歩きましょう。

ここで在職中に就活することが生きてくるのです。まず面接を受けても相手に与える印象が違い、何故今いる会社ではなく新たに転職するのか興味を持たれます。就活は相手に興味を持たせることが大切で、在職中であることは大きなポイントになります。

後は転職理由は左程問題でなく、自分の仕事のキャリアを相手側にキッチリ説明できれば転職の確率はアップできるでしょう。会社側としては中途採用は、できるだけ即戦力が欲しいからです。転職の際はできるだけ仕事を頑張り、仕事の実績を残しておくことが転職する際に有利になるでしょう。