2019-06-17
Breaking News

転職をしてなかなか採用されない方の改善策

転職活動をしていてなかなか企業から採用の通知をもらえないのであれば、何らかの問題を抱えている可能性が高いです。面接にまでは漕ぎつけるのになかな採用されない方の場合はほんの少しの改善によって企業から採用通知をもらえるようになります。

例えば面接を受けるにあたって身だしなみはきちんとできているでしょうか。いくら面接時の受け答えの内容が優れていても、髪の毛は寝癖がついていたり、ボサボサで爪は伸びっぱなしだったり、派手なマニキュアをしているという格好では社会人としてのマナーが備わっていない、TPOをわきまえていない方ではないかと企業側からネガティブなイメージを持たれます。

また、面接時の受け答えにおいては挨拶ができなかったり、敬語で話すことができなかった方の場合は入社後に同じ会社で働いている従業員とうまくやっていけるかが不安になるため、不採用となるケースが多いです。

さらに、営業職など積極的に発言やアピールをしなければいけない業種に転職を希望しているのに面接時に受け身の回答だったり、声が小さい場合にも企業の欲している人物像ではないと判断されやすいです。

また、企業への採用試験での面接時、必ず聞かれる質問の一つに志望動機がありますが、将来性が高いからなど、抽象的でありきたりな回答をしている場合も入社意欲が低いと捉えられ、不採用になりやすいです。
採用試験を受ける前には必ず企業のホームページや情報を集め、企業の特徴を踏まえた上で志望動機を考えるようにするとオリジナルのものになります。